お庭付きのおうちに引っ越してから、のんびりまったり過ごしてるよ。かぁさんは「コマンド」はもう使わないんだって。コイケル・ホンディエ、ホセ(2009.5.14生まれ、父:アガー、母:エンチャントリス)のゆったりライフ。


by ホセ母

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

カテゴリ

全体
プロフィール
ボクのこと
日々のこと
お出かけ
その他もろもろ
犬語のこと
未分類

タグ

(75)
(38)
(37)
(20)
(15)
(13)
(13)
(9)
(6)
(6)
(6)
(6)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(4)
(3)
(1)

以前の記事

2017年 12月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 01月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 04月
more...
< ニサトリン川カヌートリップ2 >
カヌートリップ第2弾だよ。


ボク達が日本を出発したのが8月9日。
その日のうちにバンクーバーから国内線に乗り換えて、夜遅くにホワイトホースに到着したよ。

とぉさんたちは翌日一日かけて、12日分の食料や必要なものを買い揃えたよ。

c0114929_2218773.jpg


お肉とか


c0114929_2218469.jpg

果物とか




8月11日、Klondike Canoeing Rentalsのオーナーガイドの櫛田さんに送ってもらって、ボク達はローズリバーに到着したよ。

c0114929_22412995.jpg






寝袋や服などの荷物はは全部防水袋に入れて、食料はクマ缶に入れるんだよ。

c0114929_222036.jpg

クマ缶


クマ缶は匂いが漏れにくいのもあるけど、クマが食べ物を盗もうとして手で叩いたりしても、壊れないような頑丈なつくりになってるんだって。

全部荷物を積み込むと、フネはこんな感じ。
c0114929_22211121.jpg




出発前に記念撮影。
c0114929_22221531.jpg




櫛田さんの車がいっちゃったら、これからしばらくはボク達3人きりだよ。
c0114929_2222283.jpg




出発地点のローズ川~ニサトリン川~テスリン湖の間で、道路が近くまで来ているのは、この出発地点ともう一か所だけなんだ。
c0114929_22215047.jpg

ローズ川に架かる橋


だから、テスリン湖畔のテスリン村までは誰も住んでないんだって。
次に他の人に会うのはいつかなぁ。



ボク達は14時ごろ出発したよ。

いつもの通り、とぉさんが後ろで梶をとって、かぁさんが前に乗ったよ。
ボクは一番前に乗って、見張りをしたよ。
c0114929_22252459.jpg




前に行った大井川と違って、ローズ川もニサトリン川も急な瀬は無いから、キンチョーする場面もなく、のんびり下れたよ。


18時過ぎまで漕いで、最初のキャンプ地に上陸。
広くて気持ちいい河原だったよ。
c0114929_22255693.jpg




テントを張ったら、
c0114929_2226535.jpg




カンパ~イ!
[
c0114929_2227113.jpg




そしてごはんの準備!

c0114929_223142.jpg

c0114929_2231784.jpg




なんと、初日は豪華にステーキ!!
c0114929_22313556.jpg

c0114929_22313820.jpg

できあがり~



ボクのごはんもステーキが乗ってたよっ!
c0114929_22332389.jpg




初日の大サービスで、ぐるぐるのおやつももらっちゃった。
c0114929_22341068.jpg


ユーコンの自然の中で食べるオヤツはやっぱりおいしい~
c0114929_2235092.jpg

c0114929_22352637.jpg

どこで食べてもおいしいけど。



このあたりは緯度が高くて、7月は白夜なんだって。
ボク達が下っている間も、日が沈むのが21時半くらい、完全に暗くなるのが23時ごろだったから、寝る時間まで暗くならないんだ。

c0114929_2317536.jpg

長い夕暮れ



初日はお天気も穏やかで、最高の出だしだったよ!





(飼い主コメント)


食料の量はいつも悩みます。
今回は川旅としては今までで2番目に長い11泊12日。
主食だけは、一回分x回数を計算して購入し、野菜その他は「このくらいかな」で買いました。
持っていった食料は以下の通り。

11泊12日分+予備2日分
米 2.5kg
パスタ 2.5kg
パン 約1.5kg
ラーメン 16個
その他麺類 500g
レトルトライス 4食分
肉類(ソーセージ、ハム) 約1.5kg
チーズ 約1kg
野菜 パプリカ、きゅうり、ジャガイモ、人参、玉ねぎ、ニンニク、スナップエンドウ、ロレインレタス、ネギ
フルーツ リンゴ、アプリコット、ネクタリン
缶詰(レトルトシチューやツナ缶など) 10缶くらい
非常食 ミューズリーバーを20個くらい

そしてアルコール。
ビール並缶 30本
ワイン 4本
ウイスキー 6本

明らかにアルコールを持っていきすぎです。

それでも基本的に上陸してしまえばやることはそんなに無く、のんびりお酒を飲みながらボーっとしていることになるので、お酒類はそこそこ消費しました。


さて、今回のローズ川、ニサトリン川とも危ない瀬はありません。
倒れた木が川から突き出ていたり、水面ぎりぎりに隠れていることがあるので、それにひっかからないように注意するくらい。
なので、ホセも余裕かと思いきや。。。

特に前半、ピーピー泣きまくってました。
危険な瀬は無くても、そこそこ流れが早いところは、ザーっという音が結構な大きさでするんですね。
その音が聞こえてくるとピーピー泣く泣く。
また岸に近づくと、「降りる~!」と言ってこれまたピーピー。
静かな森にホセのピー鳴きがこだましていましたよ。

このピー泣き、どうやら乗り心地が悪かったことも原因の一つのようで、
最初は一番前や、
c0114929_22531274.jpg


父の前の船底に乗せていたのですが、
c0114929_22512965.jpg



その後ヒトの間の荷物の上に移動させると、ピーピーはほとんどでなくなりました。
c0114929_23275981.jpg



やっぱり見晴らしがいいと気持ちいいのでしょうね。


クマ缶は、
c0114929_2254206.jpg

クマ缶=ごはん→大好き!


本当にグリズリーの一撃に耐えられるのかどうか???ですが、ユーコンで川下りをする人たちはみんな使っているようです。
食料が命綱、ということもありますが、旅人から食料を奪うことをクマに学習させないように、という目的もあるのでしょう。
クマ缶はカヌーと一緒にKlondike Canoeing Rentalsに貸してもらいました。

レポートは2日目以降に続きます。



c0114929_23101674.jpg




To be continued...




にほんブログ村 犬ブログ コーイケルホンディエへ
にほんブログ村



[PR]
by komenosei | 2012-09-08 20:48 | お出かけ | Comments(13)
Commented by デイジー飼主1 at 2012-09-08 20:52 x
凄いデス。。。
海外に愛犬と一緒に行ったら面白いんじゃないかと思ったことはありましたが、あっさり?実行された点を置いておいたとしても、カヌー移動で11泊?!は想像を絶します!

ところで、防水仕様の衛星携帯でもあるんですか??(11泊の大自然カヌー&キャンプ生活のリアルはもちろん、悪天候や万が一の事態に備えどうリスクテイクしてたかにも興味もあります)
続き楽しみにしてマス~!
Commented by J.J. at 2012-09-08 20:52 x
「番長は一夜にしてならず!」
こういった地獄のごとき武者修行を通じて、あのホセの勇敢で何者をも恐れない性格が形成されていったのですね。
Commented by komenosei at 2012-09-08 21:50
デイジー飼い主1さま
ご訪問ありがとうございます!
衛星携帯は持ってませんでした。大手のカヌー業者さんはカヌーと一緒にレンタルしていたようですが、お世話になったところでは用意がなかったようです。
ニサトリンはマイナーな川ですが、それでもシーズンに下る人はそれなりにいるようです。もし何かがあった場合は、長くとも数日待てば誰か下ってくるでしょうから、その人に助けを求めることになると思います。
一番危険性が高かったクマ対策については続編で紹介しますね~。
Commented by komenosei at 2012-09-08 21:53
J.J.さま

「地獄のごとき武者修行」って、修行じゃなくてリクリエーションですから。。。
それにしてもホセのあのハッタリだけの強がり威嚇、本当にどうにかしてほしいです。
犬生経験豊かなはずなのに、器はちっちゃいままで。。。
Commented by アスラン母 at 2012-09-08 22:10 x
すっすごいっす!!!
熊缶。。。大丈夫でしょうか?大丈夫だから帰国してブログ読んでるのに心配になりました。
それにしても、食料の完璧さに脱帽です。
旅なれてますねぇ。
ホセ師匠。ピーピーはバックミュージックですよね!
Commented by parumama at 2012-09-08 23:34 x
すごいですね、ニサトリン川の川くだり。
一日がゆったりと過ぎていくのでしょうね。
あるがままの自分と向かい合えそうな気がするのですが。
ホセ君同伴の旅はほのぼのさをプラスして。
(熊対策用心棒と書きたかったのですが、、???今度ネ)

ニサトリン川はユーコン川とつながっているのですね。
いつも触りだけの私ですが、7年前アラスカ(フェアバンクス)に行きました。
北極圏ドライブやユーコン川沿いにあるネィティブの村に遊覧飛行した時など、
広い川幅でゆったりと蛇行しながら流れているユーコン川を何度も目にし、魅せられ印象に残っている川です。
北極圏など行き先々で熊の爪あと見ましたよ。
ゴミいれ(取れないように鉄製だった。食べ物を捨ててはいけない・・熊に取れることを覚えさせない為でしょうね。)にも、触ったばかりの生生しい足跡があったり。
ユーコン川沿いの村では前日獲とめたという熊の肉をごちそうになりました。
キャンプ地にも出る確率高いのでしょうね。

Commented by parumama at 2012-09-08 23:37 x
つづき・・
ホセ君のレポの景色(ヒバに似ている樹木・とうひ)を見ていたら、懐かしくなり久々にアルバムを開いてしまいました。
アラスカは乾燥していて山火事も多いと聞いた(見た)のですが、川沿いは大丈夫ですか。
私が行ったのは8月終わりだったので樹木がもう少し黄色かったです。

ホセ君、オーロラは見られませんでしたか?
暗くなっている時間が少ないから無理だったかな?
川の旅続編、とっても楽しみです。

Commented by タロウの母 at 2012-09-09 11:05 x
う~ん ワタクシも行きたい!
いや 川くだりできるかどうかは・・・汗
ホセか~さんはこういうヒトだったのだなぁと認識させていただきました
鍛えられているお身体は伊達じゃないなぁ!(失礼すぎる?)
ホセちゃん すごい体験してるなぁ
あ 熊
まだ遭遇したことはありませんが
こっち地方はけっこうすぐ近くに出るそうです
タロウはまず飼い主置いて逃げること請け合い・爆
ホセちゃんはどうだったのかしらん?

Commented by komenosei at 2012-09-10 09:50
アスラン母様

大丈夫でしたよ~。行く前は結構マジに、ホセがクマを連れてきてしまうんじゃないかと思いましたが。
きっとホセのピーピーを聞いて、聞いたことがない音だから警戒してくれたのでしょう。
Commented by komenosei at 2012-09-10 09:58
parumamaさま

アラスカや北極圏に行かれたのですね!parumamaさま、行動範囲が広くてアクティブ!
私たちも北極圏のノアタック(Noatak)川を下ったことがあります。
ニサトリンよりも、さらに「果て」感がある景色でした。
クマの足跡はニサトリンでも川原に普通にたくさんあります。初日はやっぱり夜は怖いです。それにも慣れてきますが。。
鉄製のゴミいれ、ありましたね~。あんなのが曲がるくらいだから、クマ缶はやっぱり壊れてしまうんじゃないかと思いますが。。

オーロラは残念ながら見られませんでした。夜に起き出せなかった、というのが原因だと思いますが。。

私もparumamaさんのアフリカレポで「なつかしい!」がたくさんありました。
あの夜になったらしゃべりだしそうな、ぼわぼわっとしたモップハタキのような植物や、」ホロホロ鳥。。。

またお会いしたときにじっくりお話したいです。

Commented by komenosei at 2012-09-10 10:02
タロウの母さま

コメントありがとうございます!
そちらにはクマ、居そうですね。お散歩中に遭遇したくないですね~。

幸いユーコンではクマには会いませんでした。もし会ってたら、ホセは恐ろしくって吼えまくった後、キャンプ地に逃げ帰り、クマが怒って追いかけてくる、とっても迷惑なパターンになっていた気がします。
遭遇しなくてよかった~。



Commented by きょん at 2012-09-12 13:01 x
ホセ母様
こんにちわ。先日、飛び入りで参加させて頂いたポワロ母です。
あの時は、ありがとうございました!

これ、まじで「ワイルドだぜぇ~~」(←杉ちゃん風にお願いします。)ですね!根性も体力も生命力もない我が家には、見てて爽快でかっこいいです!!弱小ポワロは、飛行機に乗っただけで気絶してると思います。。。ホセ君はやっぱりかっこいい番長ですよ!

先日、ホセ番長の兄弟探しでブログを始められたというお話しを聞きちょいと興味が出たのですが、こんなすごい内容のブログを拝見した後では、我が家の内容のなさに勇気もしぼみました(笑)
また、弱小一家と遊んでやってください!
Commented by komenosei at 2012-09-12 14:23
きょんさん、

ご訪問ありがとうございます!
先日の偶然の出会いは驚きでした。岐阜系が大半を占める中、福岡系のスレンダーなパピーちゃんにお会いできて、うれしかったですよ~。

ホセは幸か不幸か我が家の犬となったため、本人の意思にかかわらず、アウトドアに付き合わされていますが、ホセの本来の性格はインドア派だと思いますよ。
そこは犬なので、森や川は楽しそうですが、家に戻るととってもほっとしてますから。。。
なにしろハッタリ番長ですから!

先日お話したかもしれないですが、ブログを始めたおかげで、同胎ちゃん一頭だけ見つかりました(まだ記事にはしてないのですけど)。ブログなしでは絶対に見つからなかったと思います。
ぜひぜひポワロ家も始めてみてくださいな!

最新の記事

「今日はお散歩やめとく」の図
at 2017-10-10 15:42
若いころと変わってきたこと。
at 2017-10-06 21:53
雨降ってる。。。
at 2017-10-02 08:39
ガムの好み
at 2017-09-30 15:01
かぁさんのゴハン
at 2017-09-28 08:50

お気に入りブログ

最新のトラックバック

その他のジャンル

記事ランキング

ブログジャンル

犬

画像一覧